肌が敏感になっている

シミは多くの人が抱えるお肌の悩みです。

多くのシミの原因は、日焼け等、肌への刺激によって、お肌が赤みを帯び、それが変色して、色素沈着(細胞に色素が貯留することで、色が変わってしまうことをいいます)(基本的には、害はありませんが、見た目が悪く、時には疾患が原因で起こることもあります)が起こってしまうからなのです。肌の赤みは色素沈着(細胞に色素が貯留することで、色が変わってしまうことをいいます)(基本的には、害はありませんが、見た目が悪く、時には疾患が原因で起こることもあります)へつながるので、ニキビができたことによる赤みもシミの原因のひとつになってしまうのです。

日焼け止めだけでなく帽子や日傘などを利用して、しっかりUV対策をすることやいつもより肌と向き合いながらスキンケアするだけでも、シミ予防の効果を期待することが出来ます。また、体の中からのシミ対策として、ご飯とかサプリでビタミンCを積極的に摂取することもシミ対策として効果的でしょう。

現在、花粉症で悩んでいるのですが、スギ花粉が多い時節になると、敏感肌になり肌トラブルが起こります。なので、この時節にメイクをしてしまうと肌荒れが余計に悪化するので、ナチュラルメイクだけで過ごしております。せめてアイメイクだけでも行ないたいと思うのですが、肌が本当に敏感になっているため、目の周囲が余計に痒くなり、出来なくなっているのです。シミに悩む人にとって最大の敵である紫外線ですが、あまり知られてはいませんが、ホルモンバランスの乱れもシミに大きな影響を持たらしているのです。

実例の一つと言われているのが、近年、テレビCMによって知名度を上げた「肝斑」です。この肝斑の原因こそがホルモンバランスの乱れであり、妊娠中とか出産後の発症率が高いことが特性です。

また、肝斑をできやすくするもう一つの原因はピルの服用であり、完全に治すのは紫外線によるシミよりも難しいといったことも他のシミとの大きな違いです。

洗顔するとき、ゴシゴシ洗うと乾燥した肌にはすぐさま傷がつきますから、優しく洗顔してちょーだい。

かつ、化粧水は手に多めに取り、手のひらで温かくするようにしてからお肌に使用しましょう。あまり温度が体温に近づくと浸透力がさらに高まってしまい、化粧水が肌に吸収されやすくなってきます。できてしまった顔のしわは仕方がない、と諦めてしまう人は多いようですが、しわ取りテープという商品をご存知でしょうか。

貼りつけて気になるしわを取るこのしわ取りテープですが、少し前にテレビの番組でコスメ関係に詳しいとされるとある芸能人に紹介されていました。

その人も愛用されているようです。

気になるしわをのばしてテープを貼り、しわのない状態をテープがなくても続くようにしたい商品のようです。貼っている間はテープに引っ張られて、効いているような気持ちになるようですが、長い時間使用すると、肌の負担もまあまあ大きいらしく、貼りつけた部位が赤くなったり、荒れてしまったりすることもあるようです。しわ取りテープでトラブル続出!なんてことのないよう、決められた使用方法はちゃんと守りましょう。素肌をいたわるなら、洗顔する際には髪の毛の生え際などの落としづらい部分まで、きっちりとすすぎ終えましょう。

流し終わったら、タオルを頭に乗せるようなイメージで水気を拭き去ります。絶対に、強く押し付けることはしないでちょーだいね。当たり前ですが、タオルは清潔であることが、前提の条件とされています。顏のシワには困ったものです。できれば、なんとかできるものなら、したいものです。

さてそのシワがどうしてできるのかということですが、これはズバリ老化であり、もう一つ、紫外線の影響によるものです。シワは年齢を重ねていくと増えていくのが当然とはいえ、それでもシワ対策として紫外線を防ぐのは大事ですから、日焼け止めを使い、日傘、帽子などで紫外線カットします。

夏のみならず、一年中行なうようにし、日焼けしてしまったら、必ずその日のうちに焼けた肌を冷やして、熱がこもらないようにします。さらに、化粧水、美容液などを使ってしっかり保湿をし、シミ、シワ、乾燥を防ぐようにします。こういう予防、ケアを積み重ねることが、結果としてはアンチエイジング(老化の予防、抑制のことをいいます)になっていきます。肌にシミが増えてしまうと、実年齢よりも年上に見られてしまうでしょう。高齢になっていくにつれて、肌が健康を取り戻すのに時間がかかるようになり、少しずつの日焼けが蓄積して残ってしまいますので、日焼けに対してさらに警戒しましょう。手軽な日焼け止めや帽子といったもので紫外線をカットし、また、様々な野菜や果物から多くのビタミンCを、どんどん摂るようにしてちょーだい。

喫煙(中毒性、依存性が高いので、止めるのがとても難しいと考えられています)ほど肌にダメージを与える習慣はありません。

肌がなめらかでいられるのは、皮膚の毛細血管のはたらきが良いからです。しかしタバコの効き目はとても早く、迅速に血管を収縮させるので、表皮や真皮に必要な酸素・水分・栄養が届かず、老廃物が溜まります。肌の一番外側にある表皮が劣化するとバリア機能がなくなるので、真皮が乾燥したり再生に時間がかかるようになるため、皮膚の表面が荒れて始めのうちは小さなシワでも、一度出ると急速にひろがってしまうでしょう。

ダイエットの反動などで喫煙(中毒性、依存性が高いので、止めるのがとても難しいと考えられています)が習慣化した人もいるようですが、「キレイ」のために喫煙(中毒性、依存性が高いので、止めるのがとても難しいと考えられています)は辞めておいたほうがいいでしょう。

お肌のキメを整えるのに大切なのは肌の潤いをしっかりと補うことです。肌の潤いが保てないとと毛穴が気になってきます。

毛穴のお手入れにはまず洗顔が重要です。きめの細かいもこもこの泡をつくり、ソフトに洗います。

および、毎土日に、ピールを取り除くと肌のリサイクルを早めます。その後に潤いを与え、お肌をととのえ、毛穴のメンテをしてちょーだい。